あまり気にはなってないのですが、
私は肩がかなり凝ってるようです。

で、凝りをほぐすには筋膜リリースが良さそうだということ。

肩こり解消のポイントは、ワキの下の後ろの方。

このエリアの押すと痛いところに圧をかけて
じーっとすることで筋膜が剥がれて肩こり解消できるという寸法。

ラクロスボールを地面に置いて、その上に痛いポイントを当てて
横になって体重をかけます。

動かさずにじ~とすることで筋膜が剥がれていくのですが、
これが筋膜リリース。

ですがどうも凝りが大きすぎるので、
筋膜まで圧力がたどり着いてない感じ。

なのでフォームローラーを購入しました。

これを地面に置いて、この脇の下の後方エリアを乗せてゴロゴロします。

めっちゃ痛くて拷問かと思いたくなりますが、
なんとか継続します。

しばらく続けてると、ほぐれてきたのか、柔らかくなってきます。

このようにゴロゴロと動かすのが「マッサージ」で、効果はありましたが筋膜は剥がれません。

今回のようにあまりにも凝りが大きい場合は
筋膜リリースよりもマッサージをした方が良さそうです。

ある程度マッサージでほぐして、凝りを小さくしてから筋膜リリースをします。

筋膜リリースとマッサージの違いを体感した今回の出来事でしたが、
どちらのほうが良いとかではなく、場合によって使い分けるのがよいですね。