私が以前から興味があるものの、
どうしても実践できないのが「菜食主義」です。

何故かというと、肉とか卵とかチーズとかバターなどの
動物性の食品が大好物だから・・・。

でも、たまに動物性のものを食べない日があるんですが、
翌日は早めにスッキリ目が覚めるし、体調も良い気がします。

きっと菜食にした方が色々メリットが大きいんだろうな~と思いながらも、
目先の食欲に撃沈する日々。
このブログも食べ物のことばかり出てくるのも分かります。

ネット上には菜食主義にして体調を壊したものの、
肉を食べ始めたら回復した人ってのもいるみたいだし、悩ましいところ。

そんな時、たまたま観たのがこの「ゲームチェンジャー」という映画。

菜食推しの映画で、いろんなデータを提示しながら、
菜食のメリットをこれでもかと見せつけてくれます。

アスリートのパフォーマンスアップが主軸ですが、
それ以外のいろいろな面からもアプローチされます。

肉を食べずに野菜からでも筋肉はつくられるとか、
スポーツの記録が上がったとか、
男性機能が菜食の方が良いとか、
地球環境に良いとか。
(というか肉食が地球に悪すぎる)

これはやって見る価値がありそうだということで、できる範囲でやってみようと思い立ちました。

ですが私はあまり野菜が好きじゃないので、どう調理して食べようかが悩みどころ。

肉を煮込まないカレーに玉ねぎとかきのことかリンゴを溶かし込んで、
具として人参やら青野菜を乗っけたんですが、まあ悪くはないかも。

明らかに肉を入れた方が美味しいけど、
これをブラッシュアップしていけば、菜食をやっていける気がしました(`・ω・´)

この投稿以降、食べ物の話が出てきた時に、内容によって今回の決心の顛末をお察しください・・・。