昨日、大阪のイタリアンレストラン
「ルミディひらまつ」にランチに行ってきました。

このお店には年に1回くらいのペースで食べに行くんですが、
いつ行っても抜群に美味しく、お気に入り店のひとつになってます。

ただ、このお店に限らず、ランチというのは居合わせた他のお客さんによって
満足度が大幅に左右されてしまうというリスクがあります。

要するにうるさい人が周囲の席にいたら、食事が台無しという・・・。
ランチタイムはマダムが大声で騒いでる場合があるんですよね。。

でもこのお店でそういうことはこれまで一度もなく、
昨日も恐る恐る席についたけど大丈夫でした。
みなさん場をわきまえて声のトーンを抑えて話していました。

で、ランチはAコースとBコースがあり、
細かい違いはさておき、大きな違いはメイン料理。

Aコースは魚料理。Bコースは魚料理+肉料理。

やはりせっかくなのでBコースを選択。

メニュー。

最初のひとくちサイズのお菓子?の美味しさ、否が応でも今後の期待が広がります。
このバターが美味しすぎてパンを4個食べました。

前菜。

パスタは自分で皿に開けるスタイルで、香ばしい香りが広がります。

メインの魚料理。

メインの霜降り豚。ちょっとこれはお腹に重いかも・・・。

デザート。

さすがにひらまつの料理、別次元の美味しさでした。

特にパスタは芸術作品と言ってもよさそう。

ただ、メインの霜降り豚。
味と燻製の香りは抜群でしたがちょっとお腹に重かったなあ・・・。
年配のお客さんも多いだろうし、みんな平気なのかな?

私はチャーシューを食べたらお腹を壊すタイプなので合ってなかったかも。

これからは事前にメニューを見て豚の脂は事前に気をつけるようにしようと思いました。

このお店、いつ行っても接客は大満足なのですが、昨日は少しダウンしてたかも。
まあ忙しいようだったし、たまたまかもしれません。
まあ贅沢な次元の話なので、どうこう言うほど気になったわけじゃありません。

と、超お気に入りのお店の一つなので褒め殺ししたいところでしたが、
ちょっと気になる点もあった食レポでした。

まあ、こんな日もある(`・ω・´)