パスタを美味しく茹でるコツとして、
お湯を「沸騰させない」というのがあります。

あまりボコボコ沸騰させると、
摩擦か何かで味が落ちてしまうのです。

少し「フツ、フツ・・・」と、小さい泡が出るくらいがいいのです。

いつもそう意識することで満足いくパスタが作れています。

ですが注意点もあります。

今日もそんな感じでパスタを作ってたのですが、

失敗しました。・゚・(ノД`)・゚・。

出来上がったパスタの歯ごたえがモソモソしてる。
なんというイマイチな食感!

アルデンテにしたかったので、茹で時間を短めにしたんですが、
それが原因じゃなさそう。

麺が固いのにモソモソしてる。。。

その原因は「火力が弱すぎる」ことだと思われます。

パスタを茹でるお湯は沸騰させないのがポイントとなんですが、
火が弱すぎるとこうなるようです。

確かに「フツ、フツ」すらしてなかったな~。

ホントはIHクッキングヒーターで火力を決めてしまえば
毎回同じ火力で安定するのでこういう失敗はなくなるんだけど、
ウチはコンロなので油断すると微妙に火力がズレてしまうんですよね~。

なかなかシビアなんですが、こうやって失敗をしながら上達していくのでしょう(`・ω・´)

ちなみにパスタは良いものを使うのが何より大切です(^ω^)