私は宝くじに限らずくじ運が悪いので、当たる気がしないので宝くじを買う習慣はないんですが、
周りに宝くじを買う人が結構居ます。

で、宝くじの話をよくしてくるんですが、
その場合は「宝くじで1等が当たる確率は一生の間に交通事故に20回合うのと同じらしいですよー」
みたいな話を返します。

すると決まって「お金というより夢を買ってるのだ」
みたいに言われます。

まあそれはいいんですが、ここで宝くじで当たる確率を
他の何かに例えて、返しのコメントのレパートリーを増やそうと思って調べてみました。

先ほどの交通事故云々の話も、大昔に中学校の先生が言ってただけなので、本当かどうか確かめたくもあり。

で、調べたところ・・、
ジャンボ宝くじ1等に当たる確率は、交通事故で450回死ぬのと同じだとか。

実際はもっとハードルが高かった!格段に!

他の例えを挙げてみると、

・雷に撃たれるのと同じ確率
・自分が北海道にいるとして、空から1円玉を落として自分の頭に当たる
・100人の人の髪の毛から一本だけ当たりを引く
・米120キロの中から1粒だけの当たりを引き当てる

このくらいの低確率みたいです。

私だったら挑戦する気すら起きない、しかもお金を払ってまで・・・
って感じなんですが、やはりリターンの大きさがハンパないのでみんな乗っていくんでしょうね(´ε` )