私は目が悪いので、家ではメガネ、外ではコンタクトレンズを使用しています。

やはり不便なので、もっと気をつけておけばよかったと後悔中。

ワタシ的に視力低下の大きな原因は、携帯ゲーム機で確定しています。

子供の時の視力が良い状態で近くのものを見ると、目の中のレンズ(水晶体)を分厚くするために、
目の筋肉に力が入った状態になります。

その状態が頻繁かつ長時間だと、水晶体を分厚くするにとどまらず、目が楕円形になってきます。
その楕円形の状態が定着してしまうと強度近視になってしまいます。(軸性近視といいます)

携帯ゲーム機(私の時代はゲームボーイとか)は、相当近い距離で長時間画面を凝視するので、
これで目が悪くなったのです。

もし今、タイムマシンができて昔の自分に何かアドバイスできるとしたら、ゲームボーイだけはやめて
ファミコン三昧するように言うと思います。(あと、競馬の勝ち馬を教える)

で、試してみたいのが、近くを見る時はあえて遠視用メガネをかけて、
初期状態のピントを近くに合わせておけば、近くの画面を見る時に眼球が楕円になるほどの矯正力がいらないのではという仮説を立ててます。
あえて近眼状態にしておくということです。
今さら試せないですが・・・。

それの派生で、今はPCをする時はあえて弱めのメガネをかけることで目の負担が和らいでいます。

逆に子供だろうが大人だろうが、強い眼鏡をかけてスマホを見るとかはホントにやめた方がいいと思います(`・ω・´)
ドシドシ視力が低下していくので・・・。